ホテルでの入浴介助 【旅行業社からの依頼】 | 兵庫県淡路島の総合お手伝いサービス まごの手

お問い合わせ
0799-22-4728
メールでのお問い合わせ

お手伝い事例

ホテルでの入浴介助 【旅行業社からの依頼】

お手伝い内容

男性視覚障がい者が参加される旅行で、入浴時の付添いをケアマネジャーの紹介で旅行業社から依頼されました。
従兄弟様との旅行で、淡路島を観光され洲本市のホテルに宿泊される予定。
身体機能の障害はないが、強度の視覚障害があり、浴室内の移動・物の場所確認・蛇口の切り替えなど、以前に旅行されたときにとても怖い思いされたとのことから依頼の申し出をされたそうです。
仲介の旅行業者、ケアマネジャー、宿泊先のホテルと入念に打ち合わせをし、実行となりました。
入浴に関する介護者の使用するタオル等は持参、もしくは実費貸出でとホテル側から事前申し出がありました。
当日は、予定された時間にフロントを通して依頼者に連絡となっています。

お手伝い時間・料金

◎料金詳細
作業内容:ホテルでの入浴介助
所要時間:2時間(1名対応)@計2時間分
作業費用:3,000円
交通費:移動距離22km=220円
その他費用:0円
お客様合計支払額:3,220円

詳しい事例内容

楽しい旅をするために同行される方への負担はかけたくないものです。
以前の旅行の時には、シャンプーとリンスの間違い・シャワーが熱湯への切り替えになっていたり、隣の方へかかってしまったり、着替えの置き場所や靴のはき違えなどのトラブルが起きかけたそうです。
その為に旅行の参加をどうしようか?と考える時期もありましたが、こういう風に付き添ってさりげなく声かけてくれるので気持ちよく旅ができました!ありがとう!と湯上がり後の茶を飲まれてる時に話されています。
今回の入浴介助された方の心配り【淡路島のおもてなし】周囲にも配慮した友人のように声かけ・さりげない手助けがとても気に居られたのが、まごの手としての【淡路島のおもてなし】を褒めていただいたように感じました。
湯上がり後は男性4名のグループ旅行のように和気あいあいとなりつつも時間が過ぎお別れしました。

ページトップへ